スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人寝。

2013年06月03日

■昼間のベッドは、相変わらず お猫さまのお昼寝スペースです。■
お猫さまはもう、「ここは自分たちの場所!(あーちゃんのベットではない!)」と認識していそうです。


あーちゃん6歳、自分の部屋を持ちました。

学習机を置き、ベッドにはカワイイファブリックを敷き、そりゃもう、少し前から準備万端!


・・・そう、初チャレンジ!
「あーちゃん小学生だモン!自分の部屋で、一人で寝てみる!」
と鼻息荒く、
大きなクマのぬいぐるみと共に就寝。






深夜1時、泣きながら母(ワタシ)の布団に入ってきましたけれども(笑。
(いつも何があっても途中覚醒しないのに、やっぱ緊張してたのかなー・・・?)




6年ぶりの、一人っきりのシングル布団は、ウレシイような、サミシイような、
セイセイするような(だってウチの子、もんのすごい寝相悪いのよ、夜中ラリアート何度くらわされたことか!)、
でもやっぱり、ちょっと切ないような気分でした。
・・・ほんの数時間でしたけれども(笑。
ぴたっと体をくっつけて、抱きかかえるようにして眠るとき、
まだ乳のかほりがしていた、赤ん坊のころの娘のことを少し思いだして、きゅんとなったりしました。



でも朝起きたら、ただ口だけ達者で支度の遅い、コナマイキなチビ猿娘でしたけれども!
(はよ歯を磨かんかーいっ!!)
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。