スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒトコトの魔力。

2009年07月03日

この日のアジサイの写真の中では、一番気に入っています。
(7月になり。今更感たっぷりですが 紫陽花の写真と共にドウゾ♪・・記事・長いです・・)

先日のこと。


家族3人で ちょっとした買い物を兼ねた散歩をしたときのこと。

夕方、買い物を終えて。
車の往来が激しい幹線道路を避け、河原近くの一本道や
田んぼのあぜ道を手をつないで歩き お寺までの道のり。

まったく車が通らないので
(というより、自転車も滅多に通らないし、散歩やジョギングしている人を見かけるくらい・・・)
安心して娘を放牧していられるし、
道すがら、娘が興味をひく葉っぱや実もたくさん、
散歩中の猫やワンちゃんとアイサツもできる。
空模様が怪しくなければ、オットに娘をまかせて、カメラ持参で写真も撮れる。
家族3人での散歩道、私は大好きなのです。

家族3人、手をつないで並んで歩くと、それだけで道幅いっぱいになってしまう河原道。
その長ーい1本道の向こうから
ものすごい速さで突進してくる 2台の自転車が見えました。


青系の紫陽花。この種類の紫陽花が一番好きです。

・・・いわゆる、ヤンキー(?今どき、この言葉は死語でしょうか?)な髪型に服装。
靴は・・・あれ、サンダルなの?スリッパなの・・・?みたいな、ヨレヨレのものを履き。

彼らは何度か見かけたことがあります。
たまに夕方、公園で娘を遊ばせていると 私たちが帰るころにやって来て、
同じ雰囲気をかもしだしている仲間たちと、ドーム屋根のあるベンチを囲んで夕涼み(?)をはじめる、
私からすると ちょっと近寄りがたい悪ガキたちです。
(自転車で移動しているところを見ると、高校生ではなく中学生、かな・・・?)

ちょっとビックリして。慌てて娘に
「あーちゃん!自転車が来たからストップ!道のハジッコにストップよーっ!!」
と声をかけました。
・・・「車が来たら道の端に寄ってストップ」、ということは教えてあるのですが、
「自転車が来たらよける」、とは教えてなかったので 
最初娘は「は?」みたいな顔してましたが、
抱っこして端に寄り 自転車が通りすぎるのを待ちました。
すると悪ガキのチャリ2台は 私たちの前を通りすぎるとき、スピードをゆるめ、

「すいません」
「ありがとうございます!」

・・・一人は軽くお辞儀をしながら通りすぎ。・・・通り過ぎた途端、
2人は何事もなかったみたいに 
ものすごいスピードで走り去っていきました・・・。


憧れブロガーさんのように撮りたかったけど、うまく撮れなかった・・・。
・・・。

些細な感謝の言葉・・・だけどふんわり、やさしい。
・・・この一瞬の出来事だけで この悪ガキたちのイメージが
180度とはいかなくても100度位 変わっちゃった私は、単純でしょうか?(笑)。
(オットは冷ややかでしたけど・・・)


でも
この後 高校生の乗る自転車が1台、
端に寄った私たちの横を通りすぎていきましたが
「すいません」とか「ありがとうございます」なんて言葉も、お辞儀もなかったです。
 (・・・いや、別にお時儀してほしくて端によけているわけじゃないんですけどね。)
大人だって とっさのとき
すいませんの言葉どころか、オジギもできなかったこと、ありますよね?(私だけ?)


性格も生い立ちも、彼らのことは何も知りませんが、
彼らを信頼・・・とまではいきませんが、
安心。と思わせてくれた たった一言の「ありがとうございます」。

言葉って、
挨拶って、
とっさの一言って。
ものすごい魔力があるんだなー・・・。と思いました。
心があたたかくなったヒトトキでした。
(そして私は偉そうに
 「彼ら、これからもまっすぐ生きてくれるといいな」などと思ったのでした。笑)






自分のことは さておいて、
愛娘には「こんな風に育ってくれたらいいな」なんて思うことが たくさんあります。
(夢のままで終わりそうなことも たくさんありますが。 笑)

いつも笑顔でいてほしい。
と思いますが、魔の2歳児にそれを望むのは不可能というもの。
・・・我慢することの大切さを、頑張って出来るようになる喜びを知ってほしいし、
泣きたいときはたくさん泣いて スッキリして欲しい。
・・・いろんなことを乗り越えて、大人になったら 笑顔を絶やさぬ人になってくれたらいいな。

でも今は
買ってもらえないアンパンマンのガチャガチャの前に立ち、
娘なりに葛藤する表情も(←鬼母?)、

自分の望みを、母のワタシがスグに叶えてくれず、
目をメラメラ怒りで燃やして立ちつくしている(母をにらんでいる)姿も、
(この後、母にアンパンチすることあり!涙)

壁に寄り掛かり 口をすぼめて下を向き、タオルをイジイジもてあそんでいる姿も、
とても愛らしくて、スグに抱きしめてあげたいくらいです
(・・・実際はスグ抱きしめてあげられないこともありますが・・・。)
(あ、カンシャク起して、床を転がりまわるのだけは、いい加減勘弁して欲しいです・・・涙)

親バカですかね?(苦笑)。




・・・ちょっとズレちゃいましたが。
そんな「笑顔をたやさぬ女性に」なんて漠然としたもの以前に
「しっかり挨拶できるように育てよう!」「とっさに感謝の一言が自然に言える娘に育てよう!」
と改めて思った出来事でした。


・・・こればっかりは、いつも娘と一緒にいる母のワタシが
イイお手本にならなくちゃね♪




来年こそ、盛りの時期のアジサイを撮ろうそうしよう♪

あーちゃん、現在2歳7か月。




オトモダチに大好きなオモチャを「かーして♪」と言われ、「いーいーよ♪」と答え。
・・・貸してあげたのはいいけど、
やっぱり本当はもっと そのオモチャで遊んでいたかったらしく
悔しくて泣きだす ちょい天然(?)ちゃん。

・・・母の膝でこっそり「あーちゃん、あれで遊びたかったのー。」と教えてくれました・・・。
(でも「このオモチャは全部、あーちゃんのもの!絶対貸さないわよ!」だった頃よりは
 一歩前進、・・・かな? 苦笑)


お寺やお地蔵さまの前で手を合わせることは出来るんだけど、
お寺の鐘の前でも、灯篭の前でも、お寺の中のあらゆるモノの前で立ち止まって
手を合わせる2歳児。
(・・・・。)


母と2人、お風呂に入るとき。
誰もいないお風呂の扉を開け「こんちはー♪きたよー♪」とアイサツしている娘。
(何にアイサツしてるの?アンパンマンのお風呂のオモチャ?
 ・・・それともアナタ、何か見えるの?!)


パパが帰宅で お出迎えのとき。
「おかえりなさーい」ではなく、どうしても「ただいまなさーい♪」になってしまう
ちょい言葉使いを間違えて覚えてしまった2歳7か月。


・・・いったい、これからどんな風に育っていくのかな・・・・?(苦笑)・・・。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。