スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根彫刻の森美術館へ。

2009年10月14日

■空に浮かぶ彫刻を撮る私、走り回る娘、のお守り当番をするオット。・・も球体に写ってます(苦笑■
個人的に気に入っている写真(苦笑。

家族3人(私・オット・娘=2歳10カ月)で、箱根彫刻の森美術館へ行ってきました。




記事中に娘の写真はありませんし(娘は たくさん撮りました♪が、ブログには載せないので・・・)、
交代でチビコドモのお守りをしていたし。で、たいした写真もなく
そのくせ ダラダラ長文です・・・

お時間のあるときにドウゾ・・・。
月に一度のオット・家族サービスデー♪
今月は、箱根 彫刻の森美術館へ行ってきました。

・・・実は私、美術館や図書館が大好きなんです。
あの独特の空間!(なんて表現で、わかる方、いるかしら?)
美術館は、あーちゃんを妊娠前は友達と、あるいは1人で 月に一度くらい足を運んでいました。
(オットは美術館とか、あまり好きじゃない様子・・。以前デートで足を運んだくらい、らしいデス)
今はチビコドモ連れだから・・・・娘がもう少し大きくなったらね・・・・。
なんて思っていたんだけれども、

・・・そういえば今春 箱根近辺を旅行したとき、チビコドモ連れに最適な観光スポットを探して
箱根彫刻の森美術館のホームページを観たら キッズコーナーもあったなァ。
(このときは箱根水族館にしたんだけど・・・・。)

秋!・・・秋といえば、芸術の秋!!
「そうだ 箱根に行こう!!」・・・・彫刻の森美術館へ行こう♪

ということで、
行楽シーズン、渋滞を心配して浮かぬ顔のオットを説き伏せ、行ってまいりやした♪


■雲をつかまえる少年(題名ウソっぱちですよ、モチロン。)なんつって♪■
雲をつかむ少年。・・・娘には夢をつかんで欲しいですな。
お天気も味方してくれて快晴♪長袖一枚で大丈夫の、行楽日和でした。


このお出かけ
娘のため、というよりは 「私が美術館に行きたい」
「ついでにちょっと娘が楽しめるスペースがあれば」(少し息抜きさせてあげられたら)
くらいの気分でした。

私もオットも以前、(別々にですけど)彫刻の森美術館に行ったことがあります。
・・・10年以上昔のことです。
ピカソ館と彫刻、くらいしか覚えていなかったのですが・・・
・・・ホームページを見てもピン!とこなかったのですが・・・
キッズ向けの施設、えらくいっぱいあるんですね!!ビックリしました。

入場してスグに 円形広場・目玉焼きのオブジェに目が釘つけになり。
次に 母と手をつないでトンネルを潜り抜け。
長ーい滑り台をキャアキャア♪言いながら滑り終えると「もぅ一回やるー♪」
・・・・ということで、坂をえっちらほっちら、もう一度登って滑り。

・・・もう、このあたりで娘
「美術館、お魚はいないけれど楽しいところなんだ♪」とインプットしたんでしょう、
(「今日は美術館に行くの」と朝、伝えたところ
 びじゅつかん=すいぞくかん、と勘違い、「お魚さん、いっぱいいるんだよねー♪」
 とホザいたのです。爆)
生来 激情系突進型の血が騒ぐようで、キャアキャア先頭切って走りまわってました。
電池が切れるまでご機嫌でしたよ(苦笑。



■撮影スポット。モチロン私もノーマルモードで、娘をバシバシ撮りました♪■
写真スポットの彫刻にて。・・・混雑していたこの日、順番待ちして写真撮ってました。娘の写真撮って、通りすぎるときにちょっと失敬してパチリ♪
・・・原色はチビコドモが好きな色。
しかも この形!チビコドモに、この手の芸術がわかるわけがなく(私にもわかりませんが。笑)
・・・何かの遊具に見えるんでしょうね(笑。
娘はモチロン、小学生くらいのお子さんも遊び道具にしていました。

ホームページによると
 
プレイスカルプチャー(遊戯彫刻)
子供たちが中に入って遊ぶことができる造形作品。遊びの中で自然に、
色彩や光の生み出す美しさや造形の面白さを発見することを目的としています。


と ありました。へぇ、プレイスカルプチャー、ねぇ・・・。
「ピカソ館と彫刻じゃあリピート率低いし、家族連れのほうがカネ取れるから 
 オレが若いころ来た頃とは違って、美術館の方向性を変えただけじゃないか?」
とは毒舌オットの言葉ですが(苦笑。
・・・しかしもしかしたら、幼な心のどこかに 芸術の心、
カケラだけでも とどまってくれるかもしれません。
(せっかく来たんだし、やっぱり そういうことも期待してしまいます・・・)



そして一番長いこと遊んでいた場所へ。

■ふわふわ彫刻広場 の ふわふわブロック■
ふわふわちょうこく広場。・・・全然彫刻と関係ないけど(大笑)、娘は大喜びでした♪
・・・こーんな、当たっても痛くないブロックがある広場。
「全然、彫刻や美術と関係ないじゃん?どこかのキッズスペースにもありそうだし!」
って感じですが、
まァ しょうがないですよね。こういうチビコドモ向けの広場、助かります♪
(ちなみに、これはプレイスカルプチャーに入っていないようですョ。そりゃそうだ。笑)

15分・・・・20分・・・・。
「ママ、他のところにも行ってみたいなー♪」「そろそろ行こっか?」と声をかけても
「まだあそぶー♪あともう少し!」と笑顔。
・・・・よじ登り、ブロックの上を駆けまわり(私の体より大きいブロックがゴロゴロしてる)、
狂喜乱舞の娘・・・・。
30分経過・・・。
とっくに遊びの輪から抜けた私のもとへ、オットもやってきます。
父母が離れたベンチに座っているのを確認後、
全然気にせず遊び続ける娘・・・・。

40分経過・・・。
母の根気はついに切れました!
オットに荷物と娘の靴を頼み、娘を抱き上げ全力疾走!(苦笑、
・・・強制退去デス。
(この広場だけで体力消耗されると困るんだィ!!)

転がり回って泣く勢いで泣きわめいていましたが
「必殺!娘の口にラムネ」を放りこみ、ずんずん歩く私。
(転がり泣きする娘を 緊急事態で泣きやませるとき、やはり餌で釣るしかアリマセン。
 あまり使いたくない手ですが・・・・。)

・・・さすがに、この辺の彫刻を ゆっくり見ることはできませんでした・・・(涙・・・。
でもね、ネットの森が近づいてくるにつれ
コドモの楽しそうな笑い声が聞こえてくるんですよ。

「あーちゃん♪小さいお兄ちゃんお姉ちゃんがドコかで遊んでるよ♪」
「さっきより楽しいところなのかな?」
「あ!・・・あーちゃん、あそこだ!あそこから笑い声が聞こえるよ♪」
と話しかけると
「いってみようよ!!」と笑顔になり。
抱っこしていた娘を下に降ろすと、ネットの森の建物までダッシュしていきました♪
(機嫌なおしてくれてよかった♪)





■ネットの森・入口■
ネットの森・入口。振り向きもせず突進していく娘と出てくる若い恋人たち(このカップルもネットの森で遊んだのかな?はて?)

建物全体の写真も撮りたかったんですが、突進娘がソレを許してくれません。
(彫刻の森美術館のホームページ→ハローキッズファミリー→プレイスカルプチャー をクリックで
 遊べる造形作品のページに飛べます。興味のある方は見てみてね。)
オット、早起きと行きの運転でバテてるし・・・。お守りの殆んどをワタシ、頑張りましたよ!
(・・・実は彫刻の森美術館内で2度、娘を見失いかけましたケド。汗。)

■ネットの森の 一番下を果敢にも突進していく娘■
背中から娘のオムパンツが見えてますが、ご愛敬ということで♪(苦笑
ネットの森、娘よりちょっと年齢が高いほうが楽しめそうでしたが、
娘くらいでも十分楽しそうでしたよ♪
吊り下がっている、ネットに入ったボールに乗りたがり、オットの力を借りて乗り、
(娘のお守りを交代し、私は娘の写真撮影に奔走中♪)
ぶらんブラーン♪と揺れてご機嫌♪

ネットの森は、少し躊躇したみたいでしたが「あーちゃん!やってみる!!」と声をあげ、
一番下のネット部分に乗り、ゴロゴロ転がって得意気でした。

・・・ここでも、次の場所へ行くのを少し嫌がりましたが
「もっと面白い場所があるかもよ?」という母の誘惑声に「はーい♪靴はくー!」
と、元気にお返事してくれました♪(ほっ♪)







・・・そして、ピカソ館へ・・・。
毎度おなじみピカソ館。想像以上にノンビリできました♪
ええ、美術館です。
今までは ほんのお遊び、ここが本当の美術館!!(苦笑。
チビコドモには辛い場所かもしれないけど、せめて1階部分だけでもノンビリ見たい。

・・・と オットに娘をお願いし、イザというときは
オットと娘だけ、出口付近に待機することに・・・。

・・・が。














これがまた拍子抜け!
・・・娘はピカソ館内で、想像以上にオリコウさんにしてられました。
・・・走り回ったり、大声だしたり、カンシャクもおこさずに!!
(「抱っこ!」というので、私とオット、交代で抱っこしながらの 
 ピカソ館内でしたケド。・・・疲れたのかな?)

(追記:
 オリコウさんにしていられたのは、ピカソ館に来るまでに
 滑り台で、ふわふわ彫刻広場で、ネットの森で
 力一杯遊んで 発散していたからじゃないかと思われます。苦笑
 もしチケットを買って、一番最初にピカソ館に入る、という構造で
 彫刻の森美術館が成り立っていたら、娘は奇声をあげて走り回っていたと思います!)

いえモチロン、娘はまだ2歳10カ月(あと数日で11カ月ですが)、
美術館内でオシャベリしちゃうんですけどね、
周囲を見渡せば、そこはみーーィんな(7割くらい?)コドモ連れの家族。
・・・幼稚園or小学校低学年位のおねィちゃん、
パパママを一瞬見失っちゃったんでしょう、心配気な顔で走り回ってたり、
(美術館内を走るのはやめましょう♪)
「オレのが絵、上手だ!」などと喋っている(大声ではないが小声ではない)イガグリ頭の男の子。
(美術館内でのオシャベリは控えましょう♪)

・・・ドコも似たような家族連れが ワラワラワラ。
(平日とか閑散期だと、静かな美術館なんでしょうけどねぇ・・・。)
お互い様の空気が流れる中、
おおらかな気持ちで美術館を廻れたチビコドモの母=ワタシです。

「これもお皿、これもお皿、これもオサラ、これもオサラ・・・・オサラばっかり!なんでお皿ばっかりあるの?」
と娘。(もちろんピカソの作品のことデス)
「どうしてだと思う?」と逆に聞いてみると
「ご飯食べたかったんだよ!」とのことでした(大笑。

「食いしん坊さんだったのかな?」と声をかけると「あーちゃんと一緒だね♪」と笑顔。

「何でお魚の絵が描いてあるの?」と聞かれて、また逆に質問し返すと
「お魚が食べたかったんだねぇ。」と神妙な顔。
少し後に、魚の骨が彫られた皿の前では「お魚食べれたんだねぇ。良かったねぇ。」・・・ホゥっ。と溜息。

シンプルな(あどけない系の)顔皿の前では「これ、あーちゃん!」
「あ!ママもいたよ!!怒ったときのママ!!・・・パパいないねー?お仕事かな?」
と、パパの顔に似た絵皿を探してました。
(美術館内撮影禁止で画像ないのが残念なんですけどね、
 髭のある、猛獣系の(牧師らしいですが)顔絵皿なんですよ・・怒ったときのママって
 こんな顔になるのかい???号泣)


・・・最初に期待していた美術館の楽しみ方とは 大幅に違っちゃいましたが(苦笑、
・・・ピカソの絵、それほど好きなわけではないし(爆、
(クレーの絵は好きなんですけどねぇ・・・)

そもそもこの日、ピカソ館内は静寂とは 程遠い空間でした。
(たまたまなのかな?・・・運悪い、と思った人もいたかもしれないけど、私はラッキーだと思いました♪)
チビコドモ連れの美術館、こういうのもアリかな?なんて思いました。


「あそこも行く!」と娘。・・・見ると、ピカソ館の2階への階段でした。
「あそこはね、今見たお皿とか絵とかがあるだけだよ?あーちゃんの遊び場所はないよ?
 大きい声だしたり走っちゃダメだし・・・。」
と念を押したのですが、
「うん♪あーちゃん見る!」・・・とのこと。

ええええええーーーーーーっ???・・・・・2階も見たいの???
純粋な心を失くした大人(ワタシ)にはわからないピカソの魅力が、
2才10カ月の娘だと感じることができるのでしょうか?
(娘が大好きなパンパンマンの魅力、ワタシにはイマイチわからないのと同じように・・・?)
・・・ともかく、少しザワついた館内でしたが、ゆったりとゲイジュツに触れることが出来た
ピカソ館でした。




ピカソ館を抜けてからは、絵画館でホットコーヒーとサンドイッチ、
娘には プラス、バナナチョコマフィンとソフトクリームを購入。
外のテラスで座ってノンビリ食べました。
(お弁当を持ってきて、テラスで食べている家族も見かけましたねー。
 私はこの日、弁当作れず。水筒に麦茶、娘用のお菓子とバナナ持参するのが精いっぱいでシタ。汗)

美術館を出て 外食したい気持ちもあったんですが、すでに13時、
ここで空腹を満たしておこう、ということになりました。
箱根でしか食べれないような(?)美味しい食事には ありつけませんでしたが・・・
外でノンビリ食べるサンドイッチも、なかなかオツなものでした。(お腹へってたし。笑)

昼食後、足湯に少しつかったら。



■幸せをよぶシンフォニー階段へ。■
幸せをよぶシンフォニー階段、最初の階段を上ってスグ。娘は上を向いて しばらく立ち止まってました。・・・娘なりに、感じるところがあったのかな?

この塔、すっごく高いんですよね。
塔の内部中央に、直径が小さい螺旋階段がくるくる屋上まで続いているんです。
娘はしばらく立ち止まり、
周囲を、天井までの空間を見つめているな。と思ったら。



■突進系娘、力を振りしぼって駆けあがります!■
スゴイ勢いで階段を駆けあがっていく娘。・・・スグ疲れて抱っこ、じゃなかったのか?そんなに体力あったのか?!

突然ダッシュで階段を駆けのぼりはじめました!慌てて後に続くオットです。
・・・あーちゃんアナタ、まだそんな体力が残ってたのね・・・・・?
(もしかしたら頂上に、なにか楽しい施設があると思ったのかな?笑)
絶対、途中で「抱っこー!」とベソかくと思ったのですが、
自力で頂上まで駆けのぼりました。


・・・この後はバテバテで 抱っこしないと歩けないくらいまで疲れたらしく
オットと交代で娘を抱っこしましたが(アクビしまくってました)、

それでも抱っこされながら
「あれはね、ゆらゆらしながら飛ぶんだよ?」
「あーちゃん今日はダメだけど、今度あれで遊ぼうねー♪」
(確かに見た目、飛行機のように見える造形彫刻ではある。苦笑)

「あ!ジャンケンしてる。あーちゃんも♪ジャーンケン、ポイ♪」
(人の手をかたどった彫刻です。苦笑)
・・・なんて、かしましいオシャベリをして ワタシを楽しませてくれました。


■その他、の展示・造形物たち■
企画展。出口付近にあり、娘を抱っこしていて、まったく観れませんでした・・・。企画展。ここでも娘、笑顔でかしましオシャベリをしてくれました。こういうィ美術って、コドモのほうが先入観なしで楽しいのかな?
嬉しくて疲れて寝てるの。とは娘。・・・奥が深いような、なにも考えてないような。笑・・・・彫刻の解説をしてくれる娘の言葉も楽しかったです。出口付近の「しゃぼんだまのお城」では、娘は疲れてほとんど遊べず。・・・小学生以下とこのことですが、私も娘と一緒にコレで遊びたいぞ!!(笑


・・・車に乗った途端、娘はソッコウで熟睡に入ったのは言うまでもありません(笑。
10時前に美術館の入場券を購入、ホールを出たのは2時過ぎ・・・ハシャギ過ぎて疲れたんでしょうね(苦笑。
美術館、娘は1時間ほどが限界かしら?と思っていたのですが
想像以上に チビコドモが楽しめる場所でした。

彫刻の森美術館!イイですよ!!チビコドモ連れにおススメです♪
コドモも楽しめるし、親も「ゲイジュツに触れた気分になれ」ます♪
(チビコドモ連れ&この時期、「美術館の独特の空間に浸る」ことはできなかったけど・・・)
小学生から入場料を取られるので、「小学生以下には早いということかな?」なんて思ったんですが
いやいや!
3歳くらいから、とりあえずイケます♪
・・・かえって マセてくる小学校高学年の頃よりも
キッズエリアも楽しいだろうし
ピカソの絵だって、幼いやわらかい心を持つチビコドモのほうが感じるものがあるかもしれません。
・・・対象年齢が幅広い美術館でした。

ワタシは、娘がもう少し大きくなったら。
小学生に上がる前(入場料無料だし。笑)か、小学校低学年頃、
もう一度、家族3人で 箱根彫刻の森美術館、訪れてみたいです♪
(箱根だし、入場料高いし、しょっちゅう行くのは無理~♪笑)





箱根彫刻の美術館→



コメント

  1. まりぃ | URL | 5CQAUZ26

    彫刻の森美術館、とっても良さそうな場所ですね!
    キッズ向けのプレイスなんちゃら…(覚えられない!・笑)とか
    けっこう充実していそう!
    ただし、ここで時間を使い果たして、
    肝心の芸術作品には一切触れられない可能性もありますね。
    うちもあーちゃんに負けず劣らずの突進娘ですから…^^;

    ピカソ作品などは子どもの純粋な心で見た方が
    何か感じるものがたくさんあるのかなぁ?
    芸術、美術というとオトナは身構えちゃうけれど、
    子どもは見たままを素直に受け止められて、うらやましいです。

  2. ぷりん | URL | -

    芸術の秋ですねぇ(^^)
    「彫刻の森美術館」まだ行ったことがないので
    とっても参考になりました!
    私は、美術館めぐりとかあんまり興味ないのだけど
    ダンナがすごく好きなんです。
    星の王子様ミュージアムには2度行きましたが
    2度目に訪れた時なんて、1度目より長い滞在でした(苦笑)
    私もこの秋は、芸術作品を鑑賞して
    感性を磨きたいな~なんて思います。

    小さなうちから芸術に触れることって素敵ですよね☆
    そういったシチュエーションを提供することが
    親としての務めなのかな~って、みつきさんの日記を拝見して
    実感しました!
    あーちゃんも、みつきさんやパパの影響を受けて
    感性豊かな女の子へと成長されるのでしょうね。

  3. mamiko | URL | -

    素敵な写真たちで♪
    私はもうだいぶ行っていないのですが
    だいぶ変わったように見受けられます。
    子供のころは迷路みたいなものによく入って
    遊んでました!

    ちょうど季節も良くなってきたし
    温泉とセットで行きたくなっちゃいました♪
    足湯なんてものもあるんですね!!

    お子ちゃま・・・将来ものすごい芸術家になるのでは・・・笑
    楽しみですね♪

    雲をつかまえる少年、とってもツボ!!

  4. まりぃサン←みつきヨリ | URL | -

     まりぃサンへ 

    こんにちは!コメントありがとうございます♪

    > 彫刻の森美術館、とっても良さそうな場所ですね!
    > キッズ向けのプレイスなんちゃら…(覚えられない!・笑)とか  けっこう充実していそう!
    何だか以前行ったときより、本当にコドモ向けの作品(プレイスなんちゃら!私も覚えられない!)が
    増えた気がして。
    オットの言葉ではありませんが
    美術館の方向性が変わったのかもしれません。
    しかし箱根の自然を眺めながら彫刻を見つめ、その間も娘は駆けまわり。
    これはこれで、チビコドモ連れとしては、楽しい美術館でのヒトトキになりました。

    > ただし、ここで時間を使い果たして、
    > 肝心の芸術作品には一切触れられない可能性もありますね。
    うん、これ絶対、その可能性大!!ですゥ。
    まあ、もう少し大きくなってお昼寝が完全になくなれば、丸一日美術館にいればいいから
    あまり時間のことを気にしなくても楽しめると思いますが
    娘は未だお昼寝することのほうが多いし・・・やっぱりお昼寝前に
    美術館内をひととおり廻りたかったので、最初のほうの広場でずーーーっと居座られたときは
    ちょい焦りました!・・・だってこの日は、娘のためのイベントではなく
    「私が美術館を楽しむ」日でしたからね!(笑


    > ピカソ作品などは子どもの純粋な心で見た方が 何か感じるものがたくさんあるのかなぁ?
    実際のところ、どうだかわかりませんが(笑。
    単に機嫌よかっただけ、と言われればそれまでなんだけど・・・。

    ほら3歳児(もうすぐ3歳)のチビコドモ=女の子。オシャベリがカシマシイんですよ。
    最初は「なんで?」=なんでなんで病で質問してましたが
    「なんでかなー?・・・あーちゃんは何でだと思う?」と聞いていたら
    「これはね、●●なんだよ!」・・・そこで「そっか♪そうかもねえ♪」と会話してたら
    段々、得意気になりまして(笑。
    そこからは、イロイロ作品の解説をしてくれてました。
    ・・・作品の解説をする、という行為が楽しかったのかもしれないし・・・・苦笑・・・。

    しかしね、私、この↑だとしても
    ピカソの作品って、小学校高学年に作品に触れさせるよりも
    もっと小さいときのほうが、何か感じることができるんじゃないかなあ・・・なんて思うんです。
    (行く前は、そんなこと考えてもいませんでしたが)

    > 子どもは見たままを素直に受け止められて、うらやましいです。
    ええ、変な先入観がないから・・・。
    ゲイジュツ、最初は先入観ナシで見たほうがイイと思うし・・・。
    (私はなんでも小難しくして、美術館でも解説を熱心に読んじゃうタイプだけど・・・)

    まァ、何にしても「行ってみたら娘はご機嫌だった!大成功なお出かけだわ!ラッキー♪」
    「あらここ、チビコドモでも大丈夫じゃない?
     しかも とりあえず、ゲイジュツに触れさせたことにもなるんじゃない?ラッキー♪」
    ・・・くらいな気持ちなんですけどね(大笑

    コメントありがとうございました♪

  5. ユリシス | URL | -

    ぉお(゚ロ゚屮)屮・・・今日のお写真はまた芸術センスが光るものばかりですね~♪
    (*・艸・*)ウットリ・・・
    すがすがしい秋の空の下、
    居心地の良い空間で芸術を感じることが出来てなによりでした♪
    私も美術館や図書館は大好きで・・・
    今でこそ田舎に引っ込んでしまったので行けませんが
    昔は良く足を運ぶ場所でした!
    独特の空間に自分の身を置き自分の世界に浸る・・・私も大好きです^^
    芸術の森美術館も久しく行っていませんが
    まだ子供がいない時分に行ったせいか子供が楽しめるか?なんて考えもしませんでした
    いや~、ユリアと行けたらどんなにいいか!なんて思いました♪
    雲をつかまえる少年・・・ユリアが見たら雲食べてる~~~♪って言いそうです^^
    帰りたくなくて泣くあーちゃんに次の楽しいことを用意する
    これは私もユリアによく使う手です(たまに失敗するけれどwww)^^
    でも、あーちゃん美術館ちゃんと見られてすごいですね!
    ユリアがあーちゃんくらいの頃やはり行ったことがありますが・・・
    駆け回ったり、きゃ~きゃ~騒いだりで主人がすぐ外に連れ出すしまつwww
    あーちゃん、将来がホント楽しみです♪
    PS:まっいっか!っていう言葉・・・実は私その言葉結構好きなんですよ!
    ユリアが自分を追い込むことがないようにユリアにも教えている言葉です^^

  6. ぷりんサン←みつきヨリ | URL | -

     ぷりんサンへ 

    こんにちは!コメントありがとうございます♪

    >「彫刻の森美術館」まだ行ったことがないので とっても参考になりました!
    10年以上前とはいえ、私は1度行ったことがある美術館、
    (あまり好きではない)ピカソだし、何か特別に興味が惹かれる企画展でもやってない限り
    もう行くことはないかも、と思っていた彫刻の森美術館でしたが
    (オットは美術館好きじゃないし・・・、箱根、遠いし・・・)
    ふと思いついて行ってみました。
    私にしては珍しく(笑)、大成功でしたよー♪
    娘はご機嫌でしたし、オットも「自然溢れてて癒される」などと言ってました(苦笑。
    ・・・2歳だと、ちょっとプレイ・・・えー、キッズコーナーが早いかな?という感じですが
    (彫刻広場の柔らかい積み木があるコーナーでは、推定・生後10か月の子が遊んでいましたけど。)
    でも3歳くらいになると(チビコドモって、1歳の差がデカイですから・・・)
    ・・・ちょっと危なっかしい場面もあるけど、楽しそうでした。
    おススメのスポットです♪

    >星の王子様ミュージアムには2度行きましたが
    >2度目に訪れた時なんて、1度目より長い滞在でした(苦笑)
    私も 星の王子様ミュージアム、行きましたよ♪
    ・・・あれはオットとまだ恋人同士だった頃のことだなあ・・・(遠い目)・・・
    箱根に2泊して、一泊は芦ノ湖で釣り(オット好み)
    次の日は 星の王子さまミュージアムとポーラ美術館をハシゴしました。

    この美術館以降、オットは私の美術館巡りにつきあってくれなくなったので
    よっぽど美術館が退屈だったんでしょう・・・・(涙。
    でも私も、星も王子様ミュージアム、また行ってみたいなあ♪
    ・・・もう少し大きくなったら
    星の王子様の本を娘に読み聞かせて・・・それから訪れてみたいです。
    (ポーラ美術館は・・・世間のマナーを娘が覚えてからじゃないと厳しいだろうなあ・・・。)

    >小さなうちから芸術に触れることって素敵ですよね☆
    娘がこれから成長して、どんな方向に興味を持っていくのかわからないけど・・・
    (絵画鑑賞より、スポーツ大好き少女になるかもしれないし←私似の運動音痴になるかも。汗)
    妊娠してから ついこないだまで娘中心、・・・は当然だけど。・・・なんといっていいのか・・・
    ・・・今までは、娘の興味がありそうなコトばかりに焦点をあてて オデカケしていたんだけど
    これからは私やオットが興味のあること=その中で、娘も楽しめそうな場所、を探して
    娘が喜ぶ姿を見て、チチハハは安堵&喜ぶ。って感じだったんだけど・・・。

    たまには家族みんなで楽しめる休日にできそうだな♪と思っています。
    (イイほうに考えれば、パパママが楽しんでいる姿を見ることも、
     コドモにとって きっとイイことでしょう♪・・・・多分・・・)

    花畑に行ったり、釣り堀に行ったり、やりたいことはたくさん♪
    ・・・少しずつ娘が「家族」より「友達」に重点をシフトしていくまで
    親子3人で、いろんなことを楽しんでいきたいと思います。

    コメントありがとうございました♪


  7. mamikoさん←みつきヨリ | URL | -

     mamikoさんへ

    こんにちは!コメントありがとうございます♪

    >だいぶ変わったように見受けられます。
    ・・・やっぱりそう思いますかー?!
    私が10年以上前に出かけたときは・・・行楽シーズンではなく 
    人ごみがまばらだったせいもあるんだと思うのですが
    この日は、チビコドモ&小学生くらいのコドモがすごくいっぱいいて驚きました。
    ・・・そして、以前はコドモを持つ母じゃなかったから(独身時代だから)気付かなかったのか?
    コドモ向けの造形彫刻や広場もいっぱいあって。
    ・・・結構、変わってきた美術館なんでしょうねー・・・。
    足湯もあってビックリしましたョ(かなり人気スポットでした。苦笑)

    >ちょうど季節も良くなってきたし  温泉とセットで行きたくなっちゃいました♪
    イイですねー♪
    私もあと数年したら、秋の箱根に家族3人で温泉とセットで行ってみたいと思ってます。
    ・・・これからの季節、仙石原のススキもキレイだろうし、
    紅葉もこれからですもの♪

    >お子ちゃま・・・将来ものすごい芸術家になるのでは・・・笑
    え?!そうかなそうかな???
    ・・・。
    ・・・笑。
    いや、それはないでしょう。これで芸術家になれたら
    彫刻の森美術館を訪れたコドモみんなが芸術家になれちゃう(苦笑。
    ・・・でも自然もいっぱいで、遊ぶところもあって(そしてプレイスカルプチャー、なんて定義があって)
    有名な芸術家の作品に、少しだけ触れさせることもできる。
    ・・・コドモにとっても親にとっても、なかなか楽しい美術館かもしれません♪
    楽しみですね♪

    >雲をつかまえる少年、とってもツボ!!
    あーりがとうございます♪
    ちょうど雲があったので、ジリジリと場所を移動しながら写真を撮り、
    走り去ろうとする娘を追いかけました。(もう少し、何枚か撮りたかった・・・。)
    なかなか、チビコドモ連れで写真を撮るのは大変ですが、
    時間をみて 楽しんでいこうと思っています。

    ・・・東京マラソン、残念でしたね・・・。
    私はマラソンは全然ダメ(というか、学生時代以来ご無沙汰)で、でも
    ウォーキング(!!ババくさ!!)なら、イベントに何度か参加したことがあります。
    ・・・全然関係ないですね(苦笑)。
    次の大会はいつになるのでしょうか?やっぱり、毎日走ってらっしゃるのかしら?
    ・・・頑張ってくださいね♪

    コメントありがとうございました♪

  8. ユリシスさん←みつきヨリ | URL | -

     >ユリシスさんへ  

    こんにちは!コメントありがとうございます♪

    >居心地の良い空間で芸術を感じることが出来てなによりでした♪
    >独特の空間に自分の身を置き自分の世界に浸る・・・私も大好きです^^
    短い、中途半端な表現で、わかってくださってうれしいです♪
    そうそう!
    独特の空間に自分の身を置いて、自分の世界に浸る・・・まさにその通り!
    せかせかした現実から一線をおいて、ゆっくり浸ることができて
    美術館は大好きな場所です♪
    (今はまだ、そういう空間には身をおけないけどね・・・・)

    >まだ子供がいない時分に行ったせいか子供が楽しめるか?なんて考えもしませんでした
    そうなんですよね、私も独身時代に行ったせいか
    コドモが楽しめるか?なんて考えもしなかったんですが、
    この美術館のプレイ・・・まぁ、キッズコーナーは とってもステキでした♪

    >雲をつかまえる少年・・・ユリアが見たら雲食べてる~~~♪って言いそうです^^
    きゃーっ♪「雲食べてる」なんて可愛らしい表現♪♪♪
    ウチの娘も、いつかこんな可愛らしい表現をしてくれるようになるかしら?
    楽しみです♪

    >でも、あーちゃん美術館ちゃんと見られてすごいですね!
    >ユリアがあーちゃんくらいの頃やはり行ったことがありますが・・・
    >駆け回ったり、きゃ~きゃ~騒いだりで主人がすぐ外に連れ出すしまつwww
    ピカソ館に行くまでに、結構コドモが遊べる彫刻(広場)があるんです。
    (ピカソ館って、入口から一番遠い場所にあるというか・・・)
    ピカソ館に行くまでに、娘はハジけて遊びまわっていたので
    ストレス(?)発散されて・・・あと少し疲れてたから騒がなかったんじゃないかなぁ。
    (抱っこ!と要求されて、抱っこもしてました)
    周囲を見渡しても、娘くらいの子も見かけましたが、みんなそれなりに静かでした。
    (娘も含めて、それなりに喋ってるし、たまに大声出したりします。苦笑)
    他の子も、元気いっぱい、かなり遊んだ後なので
    静かに(コドモにとっては、頑張って静かにしているレベル。笑)してられたのかもしれません。

    秋の箱根はステキです。・・・・渋滞もスゴイけど(涙。
    もし機会があったら、
    彫刻の森に足を運んでみてくださいね♪
    きっとユリアちゃんも喜びますよ!





    >まっいっか!っていう言葉・・・実は私その言葉結構好きなんですよ!
    そうなんですか~♪何だかうれしいな♪
    私は・・・好きというか、気づくと口をついてしまうというか(汗。
    ズボラな性格が そのまま口をつく。という感じです(苦笑。

    コメントありがとうございました♪

  9. taihakusei | URL | -

    すごい!!!

    良いところですね☆行ってみたいです!!!
    私も美術館とか大好きで、
    旦那さんを無理矢理ゴッホ展、ルノワール展、ダリ展と3度連れて行きました。
    でも、子どもが生まれてからというもの(ウチは男の子で怪獣みたいに五月蠅いので)行けません・・・(泣)
    子どものウチに本物にふれさせると言うことは大切なことですよね・・・
    ふれさせたいけれど・・・怪獣なんですもん(泣)

  10. ノエル鷺草 | URL | -

    こんばんは みつきさん
    こちらは、いいところですよね
    全部アートですものね
    一度ゆっくり行きたい所です^^
    良い休日を過ごされて良かったですね
    美術館も図書館も大好きです
    なので、分かりますよ~♪
    心地良い椅子と外が眺められる場所があったら
    尚最高です^^

    お熱も下がって本当によかったです
    この時期ですから、心配になりますよね

  11. taihakuseiさん←みつきヨリ | URL | -

     taihakuseiさんへ 

    こんにちは!コメントありがとうございます♪

    >私も美術館とか大好きで、
    >旦那さんを無理矢理ゴッホ展、ルノワール展、ダリ展と3度連れて行きました。
    taihakuseiさんも美術館が好きなんですね♪嬉しいな♪
    ・・・そして相棒(オット)が美術館、好きじゃないところも一緒ですね(苦笑)。


    >子どもが生まれてからというもの(ウチは男の子で怪獣みたいに五月蠅いので)行けません
    男の子・・・。
    ついこないだまで、ウチの子は近所の子から「男の子」と思われてました。
    (もうスグ3歳なのに!名前(本名)は・・・中世的かも、だけどさ、
     ちょっちゅう世間話してるのに、今まで気づかなかったんですか?!という感じです)
    紺とか着せていることが多かったし、とにかくオテンバで走り回ってたからだと思うのですが・・・。
    そんな感じの「激情型突進系娘」なので、これまで子育てが楽~とはあまり思えず、
    今まで「オンナノコは育てやすくていいですね」とか「男の子は大変」とかが
    イマイチよくわからなかったのです。

    しかしこの間、私の妹が遊びに来てですね。
    オンナノコのように大人しくて可愛かった甥っ子が5歳になり、カイジュウのようになっていて
    ビックリしました!!(笑。
    ・・・ホントに怪獣のようでした!まだ娘もチビ怪獣なので、5歳・2歳10カ月、1歳の3人で
    我が家をグチャグチャにしてくれましたよ。(かなり壮絶でした。涙)

    その子の個性というものもあるでしょうが、本能?世間の目?友達の影響???
    とにかく、いずれ 男の子は男の子らしく、女の子はオンナノコらしくなるもんなんでしょうかね?
    ・・・ウチの娘も、そのうち髪型とか気にしてくれるかしら・・・?(今、髪を結ぶのも許してくれない。号泣)

    そんななんで、「ああ、本当に怪獣サンなんだろうなああ」とは思うのですが
    イマイチ男の子を育てたことがないので、実際のところワカラナイ・・・けど、
    この日に限っていえば、結構、小学校低学年くらいの男の子も美術館にいました。

    えー、ネットの森の頂上でボスサル(ああ、他人の子になんて失礼な表現を・・・・汗)のように君臨し、
    駆け回ってる子とかいて、楽しそうだなー。と、ちょっとうらやましくなったり(笑。
    シャボン玉のお城とかにも、わらわら男の子がいたかなあ・・・。
    (娘は小学生くらいのお兄ちゃんに横入りされ、泣きべそかきながら その兄ちゃんの背中を
     バシバシ叩いてました。大笑)
    ・・・体を使って遊んでいる男の子の風景しかおぼえてないのですが、
    男の子、遊んでいるほうが、やっぱり楽しいですよね(苦笑。

    ・・・でも彫刻の森美術館、いっぱい遊ばせて、ほんの数分でも数十分でも
    ピカソの作品に触れさせることができるので、やっぱりおススメしちゃうかなー。


    もう少しコドモの手が離れたら!
    東京とかの美術館に、ゆっくり遊びに行ってみたいですー♪

    コメントありがとうございました♪

  12. ノエル鷺草さん←みつきヨリ | URL | -

     ノエル鷺草さんへ  

    こんにちは!コメントありがとうございます♪

    >いいところですよね  全部アートですものね
    ・・・全部アートなんですよね。

    彫刻の森美術館にいるとき全部アートだということを忘れそうになりましたが(苦笑。
    それでも「空間」というか、・・・とにかくステキな場所です。
    今は行楽シーズン、しかも3連休に行ったので、
    (ウチら家族も含め)コドモ連れや家族一行、といった人たちが多くて、
    静かにアートを愛でる。という感じではありませんでしたが・・・。

    >心地良い椅子と外が眺められる場所があったら 尚最高です^^
    そこに あたたかいコーヒー(雰囲気的には紅茶でしょうが、私はコーヒー党)があったら
    なお最高ですね♪

    コメントありがとうございました♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。