スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤紫蘇ジュース

2010年06月24日

    ■キレイな赤♪・・・しかし、味には好みがありそうです・・・■
 
    このジュースを飲むたび、近所のオバ(ア)サンを思いだすと思います。・・・おいしいなぁ♪

(でも、砂糖の量を調節すれば甘さを、レモンやクエン酸で酸味を調節できるし、自分好みの味にできそうですョ♪)



赤シソジュースを作りました。
毎年飲んでいましたが、自分で作るのは初めてです。

今から数年前。
町内会の役員をつとめている年に 1人ッ子の娘を妊娠しました。
・・・妊娠経過は思わしくなく、日々寝たきりだったり何度かの入院を余議なくされ、
自宅で座りながら以外、町内会の仕事が出来ない状態に(涙。
オットが仕事の合間をぬって会合等に出席してくれましたが、
ワタシは近所の皆さんに申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

そんなときに、町内の班長=Aサンがお見舞いがてら持ってきてくれたのが「赤シソジュース」。
暑い時期に口の中がサッパリして、
・・・何よりその気持ちが嬉しかったんですよね・・・・・。

とても美味しかったことを伝えたら、レシピを書いてくれました。



しかし出産後、バブバブ言ってる娘を抱っこして
自分で作る気力が失せていたら、そんな気持ちを見透かすように(笑)、毎年Aサンは
おすそわけと称して赤シソジュースを持ってきてくれたんです♪

Aさんは昨年末、息子サン夫婦と同居するために愛知県に引っ越しされました。
「Aさん、元気かなぁ・・・。」
遠くの親戚より近くの他人っていうけど、Aさんにはお世話になったなぁ・・・。

そんなことを思いながらの 赤シソジュース作りです。
(前置き長くなりましたが・・・・以下、レシピ等デス)
Aさんの書いてくれたレシピは「アバウトそのもの」です(笑)
(・・・例えば、赤シソを水で洗ったら拭いて乾燥させてから作るレシピとか、丁寧なレシピもたくさんあります)

■材料■
水   2リットル
赤シソ スーパーで売ってる梅干し漬け用の赤シソだと1袋ぐらい
砂糖  300グラムぐらい(蜂蜜でも可)
レモン 1個


■作り方■
①赤シソは葉のみ使用。ちぎって洗って水気を切る。
②湯を沸かし、沸騰したら赤シソを投入、3分煮る。火を止めて色が抜けた赤シソの葉を取り出し、
 砂糖を好みの甘さになるまで入れて軽く煮て砂糖を溶かす。
③火を止めてレモンを絞り入れる。冷めたら冷蔵庫に入れる。
 (このレシピだと、冷蔵庫で保存です。)

<追記>
クエン酸を入れると、とても鮮やかな赤になります。量は・・・耳掻き一杯くらい、かな?
ワタシも2瓶目から、クエン酸を入れて(私はレモンを入れた後、クエン酸を入れてマス)
作りました。



濃縮タイプなので、水や炭酸水で割って飲みます。




■あーちゃん、途中まで「葉っぱをちぎるお手伝い」をしてくれていましたが・・・■
すぐに飽きて、オママゴトを始めた娘です(そりゃそうだ。笑)
(途中から飽きてオママゴトに路線変更。笑。・・・ナゼかオママゴト包丁の代わりにフォークを使ってます。)




作り方は簡単で、赤シソの葉をちぎる作業以降は(ここは昼間、娘と一緒にやりました)夕食の支度しながら作りました。
(「あら、赤子抱きながら作れたわね~」と思いました。去年までそんな気力なかったけど。笑)
熟成させる必要はなく、その日から飲めます。
・・・こんなに手軽なら、もう一瓶、赤シソがスーパーに並んでいるうちに作っておこうかなぁ・・・♪

ブログにレシピを書こう♪と思い、一応クックパッド等で赤紫蘇ジュースのレシピを検索してみたら
材料に結構違いがありました。
水の代わりに酢を使っているレシピ(全量酢!!)、砂糖も100グラムから600グラムまで入れているものまで!!
レモンの代わりに酢やクエン酸を使っているものも。
煮だす時間も1分から5分と、かなり差がありました。
・・・長期保存用に作るんだったら、水の代わりに酢を使い、砂糖を多めに入れた方がいいんでしょうね・・・。
(我が家は、かなり早いペースで飲みきってしまうので、Aさんのレシピで充分デス)

・・・梅ジュースとかだと大体レシピ(というか梅と砂糖の比)は似ているんですけどね、
まあその分、赤紫蘇ジュースは「自分好みの味」に出来るんじゃないでしょうか。







我が家は「Aさんのレシピ」で♪・・・もう、毎年飲んでいた味に慣れているので
他のレシピで作ったら「これは赤シソジュースじゃない!」とオットに叱られそうです(オット、大のお気に入りジュースなのダ☆苦笑)
「Aさんの赤紫蘇ジュース」は、これから「我が家の赤紫蘇ジュース」となりそうです。




ワタシは実母から保存食で受け継いだものは・・・ぬか漬けの糠床くらいなんですが(苦笑、
こうやって「味」が受け継がれていくっていいな・・・。・・・Aさん元気でやってるかな・・・・。
なんて思いながら
赤紫蘇ジュースを飲むヒトトキです。



















                  ちなみに。赤じその成分、シソニンは活性酸素を除去し、
                  シソアルデヒドは発ガン性物質を排除する。飲む量の目安は1回に約50cc。
                  特に強い日差しを浴びた後、激しい運動の後、タバコを吸う人に良い。・・・そうデス。



















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。