スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稲穂

2010年10月26日

「実り」と「祈り」って語感が似てますね。・・・この時期の一面の金色世界を撮りに行ったのですが残念、半分ほど刈り取りがすんでました。ハハハ、今年は何か、こんなんばっかりです。


義母の手術は終了し容態も落ち着き。もうスグ退院の運びになりました。

もうスグ、実母は入院、週明けには手術の運びになります。


◆◆   ◆◆   ◆◆   ◆◆

人間、年齢を重ねると体にガタもくるでしょう。
しかし両方の母が重ねて同時期に入院したこと、

・・・特に、盲腸の手術さえしたことのない、いつもパタパタ立ち働いていた実母が
(そら多少は、母の疲れた顔を見たこともあるけど、基本いつも元気に立ち働いていたのだ。)
まだまだ若くて元気だ!・・・と勝手に思っていた実母が
別に急病・大病というわけではないけど、入院して手術、となったことに、

・・・自分ももぅ、そういう年代にさしかかっているんだなぁ・・・ということに
ちょっと動揺したりするのです。
(ちなみにワタシ自身は、手術回数・・この年代の女にしては多めなんですよね~・・・)


(以降、重たい話題なので、苦手な方はスルーしてくださいね。)



「義母の入院は平気で、実母の入院にショック」とは言いませんが。

オットはアラフィフ・末っ子。
ワタシはアラフォー・長女。

オットとワタシは干支一回りくらいの年の開きがあります。
こういうと失礼かもしれませんが、
義母と実母の間には、親子と言ってもいいくらいの年齢差があるのです。
(・・・ということで、義母とワタシとは、とんでもない年齢差があります。
 あまりの「ジェネレーションギャップ」に、義母は「嫁」としてではなく、
 ・・・孫・・・?くらいのスタンスでワタシと接してくれるので、
 ワタシはいつまでも、嫁の自覚がない、オットの実家でもノホホンとしている「オットのツマ」
 でいたりするのです)






そして、義母は若い頃から体の弱い方で、もぅ何度も入院・手術しているらしく・・・
ワタシとオットが結婚してからも、1度手術をしています。
(柳のように風に吹かれながらも長生きする!・・・・とはワタシが言ったわけではありません。
 義母が、自分で笑い飛ばしていたのですョ。)

そんなわけなので、今回の義母の入院の際も
「前回より年がトシだから、いつもみたいに超ハイスピードで退院、というわけにもいかないかもしれないけど、
 まァ、大丈夫でしょう」
なんて、家族親族は何となく、そんな雰囲気でいたりします。
義母はそりゃあ手術で緊張しているでしょうが、
その周囲の空気に、安心したりします。
いつものように 早く退院できて 良かった。




実家のほうは、なにやらバタバタしています。
・・・実母が、というより、実父が不安らしいのです。
亭主関白の父は、「ドコに何があるのかわからない」状態で、母は入院前に
自分の体の心配の他に、父の心配をし、「ドコに何があるかメモ」を作成している様子。

「お父さん、1人で大丈夫かしらー?」と心配する実母に
・・・大の男が、妻が3週間入院するくらいで死にゃあしないでしょうよ。
   敷地内同居してる、元気なバアチャン(実父の母)もいるんだし・・・・
と笑い飛ばすワタシ。

笑い飛ばして、電話を切ってはみるんだけど、なんとなく、モヤモヤ。
・・・母の手術が心配とか不安、というわけではない(と思う)んだけど、モヤモヤ。
ワタシの気持ちも晴れません。
・・・なんだろう・・・? この気持ち。


◆◆   ◆◆   ◆◆   ◆◆



いつしか「親」は「大きくてあったかくて、ワタシを守ってくれる大事な人」から
「おや?と、こちらが動揺するほど背中が萎んだ、時おり切なくなるけど、大事な人」に変わりつつあります。

カ・・・ィ・・・ゴ・・・、なんて
まだ現実味がわかない言葉が頭にふかんで、ビックリして言葉をかき消したり。





季節は、秋。
こちらでは 実りを抱えて重たそうに頭を垂れた稲穂。

実母の入院も、真近。
あの土地の風景は、一足早く、晩秋なのでしょうか。










関係ありませんが、今更ながらに「母」がどれだけ頑張っていたのか。に気づく瞬間があります。
人気ブログランキングへ
娘は、もうスグ4歳。・・・これからも、母の偉大さを実感する日々なのでしょうね。
(とりあえず、母の入院は置いといて!幼稚園から娘が帰ってくるまでに、「元気なワタシ」にならなくては!)



コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. つままま | URL | -

    頑張ってね

    両方のお母様のご病気で大変ですが
    頑張って下さいね。
    素敵な写真と優しい文章、きっと優しい方だろうと
    いつも思っています。お母様早く良くなられますように。

  3. みかん | URL | RIBVchHI

    こんばんは

    入院手術は 病院の医師や看護士に
    任せるしかないでしょうが
    家族のこと 気になりますね
    わたしも 入院経験上 そうでした
    親の良い所 しっかり 見習いたいですね
    お大事にしてあげてください。

  4. ぞを | URL | -

    私もみつきさんとよく似た感じで
    義母から嫁扱いされてませんでしたよ!

    我が家も母がちょっと手術するだけで
    父がワタワタしています
    みつきさんと同じように笑い飛ばしながら
    やっぱり私もモヤモヤしちゃいました

    いい大人に成長出来なかった私は
    「まだまだ、いつまでも甘ったれさせてくれっ」
    とか思ってますよ(笑)
    もうすでに頼られてるにもかかわらず、です

    離れてると、なんとなく心配なんですよね
    来なくていいっていうかもしれないけど
    (私には母、言ってました…)
    お見舞いに行ってあげて下さいね

    お大事に…

  5. よつ葉ママ | URL | 8kSX63fM

    おはようございます

    入院・手術ってご恩人が一番不安ですが
    やはり周りの家族も同じ気持ちですよね

    我が母もまだ一度も入院手術した事はありませんが
    やはり高齢と言う事もあり
    介護が必要な実父の面倒を見てくれてる母が
    いつ?どうなる?と言う事も考えたりします

    2人とも介護?などと言う言葉も浮かびます
    でも自分が注いでもらった愛情を
    そのまま返すようにと思っています^^

    みつきさんの不安なお気持ちお察しします
    お父さんも不安でしょうが
    やはりお母様が安心して 入院・手術ができるように
    たくさん言葉を交わされるといいと思います^^

    えらそうなことを言いましたが^^;
    お母様が早く元気になられる事を
    心より願います^^

  6. 鍵コメさん←みつき | URL | -

    こんにちは!コメントありがとうございます♪

    鍵コメでも全然オッケーです♪うれしいです♪
    ・・・ワタシは普通のブログ記事でも、「一番最初にコメント書く」のに躊躇しちゃうタイプ
    (そのときはこっそりと去り、誰かがコメント書いてからコメント書いたりする臆病虫です・・・)
    なのです。
    ・・・今回の記事、重いし微妙だし、コメント書きづらかったと思うのですが。

    確かに言うとおりだなぁ。と、コメント拝見して思いました。
    後で鍵コメさんのブログに、鍵コメでお返事に伺います!

    コメントありがとうございました♪

  7. つまままサン←みつき | URL | -

    こんにちは!コメントありがとうございます♪

    義母は、さすがに手術当日は辛かったようですが
    3日後にお見舞いに行ったときは、すでに「退院日が決まった」と喜んでいました。
    ・・・これから寒くなるし、いろいろ大変だとは思うのですが、
    年明けすぐにある、あーちゃんの幼稚園行事には行く!と息まいているのし
    (運動会は調子が悪く来れなかった・・というか、誘えなかった・・・・)
    きっとゆっくり、回復してくれると思っています。

    実母は・・今夕に電話があったのですが。
    やはりなんとなく、バタバタしちゃっている様子が電話から伝わってきて、
    こんなとき、車でビュン!と行って帰れる距離じゃないのがもどかしいです。

    母のことに関しては、ときどき見舞いに行くくらいしか出来ないのですが
    ・・・しばらく、何をするわけでもないのに
    ワタシも気持ちがアタフタしちゃうんだろうなぁ・・・。
    なんて思っています。

    コメントありがとうございました♪


  8. みかんサン←みつき | URL | -

    Re: こんばんは

    こんにちは!コメントありがとうございます♪

    ワタシは娘を出産してからは入院や手術をしていないのですが、
    もし今、ワタシが入院、となったら、
    やっぱり私自身がアタフタしまくっちゃうんだろうなぁ・・・。と思います。

    実母は、別に子ども(ワタシや妹たち)が小さいわけではないのですが、
    でもやはり、家族のことを気にかけています。
    ・・・家族というものは、きっとそういうものなのでしょうね。
    ワタシも娘を産んで育てて、ようやく気付いてきたことがあります。

    近くに住んでいるわけではないので、なかなか寄り添うように応援は出来ないのですが。
    ・・・できることを、していきたいと思います。

    コメントありがとうございました。

  9. ぞをサン←みつき | URL | -

    ぞをサン←みつき

    こんにちは!コメントありがとうございます♪
    >義母から嫁扱いされてませんでしたよ!

    これはやさしさからなのでしょうかね?それとも・・・なのでしょうか?
    楽といえばラクですが・・・。・・・といえば・・・のような・・・。
    いや、でもやっぱりラクなので、あまり深く考えないようにしよう!
    と思う日々です(笑。

    >我が家も母がちょっと手術するだけで 父がワタワタしています
    >みつきさんと同じように笑い飛ばしながら  やっぱり私もモヤモヤしちゃいました
    ああ、やっぱりドコも同じですね?少し安心しました。
    そうなんですよね、すでに親から頼られる年になっていたりするのです、ビックリです。
    しかし、頼ってもらっても大丈夫なような、広い腕がまだなかったりするのですが、
    こちらがオタオタしちゃうのですが・・・・。

    >来なくていいっていうかもしれないけど (私には母、言ってました…)
    ええ、ワタシにも母は言ってましたよ、そんなわけにいくかー!!
    と大声で言ってやりたいですけどね、まァ、「大丈夫、行けるから」と軽く答えておきました。

    ふふふ、娘をオットに預けての、オンナ1人旅ですよ、
    身軽な、あまりの嬉しさに、帰りは何処かの美術館に入り浸って帰り遅くなってやろうか?とか
    (最近は美術館も、閉館が遅いらしいじゃないですかー!)
    いらぬ妄想を膨らませていたりします(笑。


    コメントありがとうございました♪







  10. よつ葉ママさん←みつき | URL | -

    こんにちは!コメントありがとうございます♪


    >2人とも介護?などと言う言葉も浮かびます
    ワタシもチラリと、同じことを考えました。(急いで、考えないようにしましたけど・・)
    介護、の場面になったのなら、受け入れる・・・。
    しかし、遠距離介護はキツイから・・・と、いろいろ考えると
    やはり我が家の現実はキビしいものもありますが・・・きっとなるようになるのでしょう・・・。



    ワタシは全然知らなかったのですが、母は何年か前から持病に気づいていて通院しており、
    「手術すればよくなる」(整形外科系)と、母は医師から聞いていたらしいので
    いろんな折りを見て「今がチャンス!!」と、この時期の入院・手術を選んだようなのです。

    こちらとしては、何も知らなかったので、えらいビックリしました。(父もビックリしたらしい)

    ・・・それならもっと早くに教えてくれよー・・・。とこちらとしては思っちゃうのですが
    それはこちらの勝手な考えで、母としては、「心配かけないように」と思ってのことなのでしょう。
    ・・・なかなか、親子といえど「以心伝心」とはいかないですね(苦笑。

    コメントありがとうございました♪



  11. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  12. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  13. 27日の鍵コメさん←みつき | URL | -

    こんにちは、コメントありがとうございます!

    今月は娘の誕生日月、幼稚園のお誕生日会もあったり、
    予防接種やらなにやら・・・・。
    スケジュールを確認して、要領良く仕事も家事もこなしていかないと・・・
    見舞いに行って帰宅したら、部屋がグチャグチャで食事の準備をする元気もない・・・
    だと、精神的に追い詰められる感じになっちゃう・・・。
    ・・・もちろん手を抜けるところは、とことん抜くつもりですが、
    しばらくは、やらなきゃいけないことの優先順位、
    やっぱり息抜きにやりたい好きなこと、を選びぬいて生活しないとな。
    と思っています。

    週末、台風ですね。
    大丈夫かな?
    (鍵コメなので、あまり書けまんが・・・)


    コメントありがとうございました♪

  14. 28日の鍵コメさん←みつき | URL | -

    こんにちは、コメントありがとうございます♪

    親にはいつも元気でいて欲しいと思っているのですが、
    やはりそんなわけにはいかないですよね。
    ワタシも改めて親の年齢を考えたら、立派に初老でビックリしました。

    「からだのおくりもの」という本があって、エイズで死が近い人の介護をする主人公、
    という、ちょっと今ここで書くのは不謹慎な感じがする本の内容なんですが、
    実際はそんなことなくて、介護される側がする側にくれる「おくりもの」を描いている本で。
    (別にお涙ちょうだいな話ではなく・・・好きな本なんです)

    その本に「悼みのおくりもの」という章があって。
    ・・・うまく要約できないんですが、
    「愛する者の死を、きちんと悼むことができる」というのは
    死にゆく者からの、残された者への「おくりもの」なんだな。と
    読んで思ったことを よく覚えています。

    「ある日寝ていて、ぽっくり逝くのがいいなー」なんて、よく聞くし
    ワタシもそのほうがラクでいいわ~♪と思っていましたが、
    死にゆくものへ感謝することができる
    残すものへ、感謝を伝えることができる・・・・そういう逝きかたもあるんだな。
    と、その本を読んで思いました。
    ワタシもそのときがきたら・・・両親から、悼みのおくりものをもらいたいな。


    まだ先のことだと思いますが、
    ワタシもオットも、親がもし亡くなったとしても、スグに仕事はじめないといけないだろうな・・。
    仕事は、待ってはくれないですものね。

    いろいろ書きたいことがあるのですが、
    鍵コメでは限界です・・。
    もう週末に入ってしまったので・・・週明けには、鍵コメさんのブログに遊びに行きたいデス♪


    コメントありがとうございました♪

  15. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  16. 鍵コメさん←みつき | URL | -

    はじめまして!(はじめまして、でいいのかな?苦笑)
    コメントありがとうございます。

    わざわざアリガトウございマス☆
    こちらこそ、応援ありがとうございます。
    ・・・ワタシも出来る限り、応援したいと思っています。

    コメントありがとうございました♪

  17. みことみ | URL | M8fmrdFo

    がんばってください!!
    また、訪問させてください。

  18. みことみサン←みつき | URL | -

    こんにちは!コメントありがとうございます!!

    お返事が遅くなってしまってゴメンナサイ!
    ぜひぜひ、また遊びにきてくだいね♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。