スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見舞いに持参するのは、マゴのエガオ。

2010年11月15日

■義母への見舞いで持参した造花(一応ワタシが作りました←キットで)■
  フェリシモで購入して、作らずにとっておいたキット。・・・こんなとき(義母へ見舞い)に役立つとは思いませんでした!(笑。・・・何かと使えそうなので(安いし)、また1つ購入して、作らずにとっておこうと思い
(自由に歩ける状態でない、入院中の義母に 生花は手入れが難しいし、
 内科系疾患のある義母、
 食事制限もあるから食べ物もNG。・・・お見舞いに持参する品って、ホント迷います・・・。)



義母への見舞いは、上のミニ造花の花束(+オットから、見舞いのお金)と・・・。


実母には、100円硬貨を大量に・・・、
耳栓(ワタシ自身が入院中、夜の寝付きが悪くて重宝したので)、
あーちゃんと2人で作ったクッキー、
病室の同室者に配るために、個包装になった菓子折り、
(+ワタシから、見舞いのお金)と・・・。

「運動会で活躍(?)するあーちゃんの写真(写真立て風にして・・落としても割れないようにガラスなし)を
2人の母への 見舞いの品として、持って行きました。

2人のバーチャンは やっぱり「あーちゃん(孫)の笑顔の写真」が一番嬉しかったようです。







義姉と交代で、義母の病室へ行く際は、(本当は子どもは、見舞いを遠慮するものかもしれないけれど)
娘のあーちゃんと一緒に行きました。
(交代といっても、ワタシは週一度のノンビリペースです~。)
あーちゃんが、病室で騒がず静かにしてられるのは20~30分くらいだけれど
(折り紙や画用紙+色鉛筆、たまにはチョコやジュースを与えて、何とかこの時間デス・・・)
病室にそう長居するものでもないと思うし・・・。


あーちゃんは
「バァちゃんへお見舞いのオミヤゲにするの!」と、
赤く染まった落ち葉や小さいドングリを拾ってしまっておき、病室へ行く際に持っていっていました。
(結局、スグに捨ててしまう物だけれど)孫からのオミヤゲを見て季節を感じ、
「バアチャン、バアチャンの家に帰ったら、あーちゃんと一緒に遊ぼうね?」と
祖母と孫で、毎回 笑顔で約束を交わしていました。
お義母さん、あーちゃんの笑顔が、一番の見舞いになったんじゃないかな・・・。




義母は無事、退院しました。
心配してくださった方々、ありがとうございました。





実母の手術も無事成功=只今リハビリをガンバッテおります☆
3度目の見舞いの後・・「後は自分で出来るから、来週は見舞いに来なくてイイ。用事があったら電話する」
と母。・・・遠慮なく、その言葉に甘えたいと思います。
ワタシは今週、少しゆっくりする時間がとれそうです。(って、少し家のこともしなくちゃいけないデスが☆)



                         m_styleさんのフリー素材です。


皆さん、入院中、お見舞いでいただいて「これは嬉しかった!」というもの、ありますか?
入院している方に見舞いで持参して「これは喜んでもらえた!」というもの、ありますか?

もしよかったら、教えてくださいね。









                     素材屋さん、「もずねこ」サンの猫のイラストです。













ちなみに実母、「あーちゃんの写真」以外に・・・・
ワタシが入院先の病院で「母の洗濯物を洗った」ことと、「ベッドサイドの棚を掃除・整理整頓した」ことに
エラく感じるものがあった様子。(叔母から聞きました)
人気ブログランキングへ
洗濯くらい、ワタシ何年も主婦してるんだし、洗濯機と乾燥機でやるんだから大したことじゃない。と思ったんですが、
「遠くから無理して、強行突破日帰り見舞いに来ているのに、洗濯で何時間も病院に足止めさせて・・。」
「下着まで娘に洗わせてしまった」
・・・と、実母は思っているようです。
・・・そういやぁワタシ、母の下着を洗うの初めてだったかも・・・。
(母も誰かに下着を洗ってもらうなんて、子どもの時以来なのかもしれません・・・。)

「ベッドサイトの棚の掃除と整理整頓」・・・は・・・
整形外科系で手術した母、手術前にしまった整理の仕方ではちょっと、生活するのに不便・・・。
でも手術して数日後で思うように体が動かない・・・でもどうしようもない、仕方ない。
「自分で出来るようになるまでちょっとのガマン」
だと思っていたようです。
他愛もない話を母子でしながら、ベッドサイトの掃除と整理整頓をしましたョ。



コメント

  1. ぞを | URL | -

    ふたりのおかあさん、よかったねぇ
    みつきさん、お疲れさまでした!
    行ったり来たり大変だったでしょう

    私はまだ入院したことがなくて
    喜ばれたのは…やはりですね
    それから娘とか、嫁とか(笑)?

    私も母が先月、白内障の手術したので
    プチ介護に行ったのですが
    過去の私が酷すぎるために、なにをしても
    喜ばれて恥ずかしかったですよ…

    母子のたわいない話し…
    私が母だったらそれが一番嬉しいかなぁ

  2. ぞをサン←みつき | URL | -

    こんにちは!
    いつもコメントありがとうです~♪♪♪

    > 行ったり来たり大変だったでしょう
    行ったりきたりは・・・タイヘンでした・・・。
    でも、母2人とも長患いではなかったので、今回ホントに良かったです。

    > 喜ばれたのは…やはりですね・・それから娘とか、嫁とか(笑)?
    あはは、やはり「孫」は無敵ですかね~♪
    手ぶらで行って、その場でリクエストを聞くのが一番かもしれないですが、
    見舞いに持参するものは、いつも少し悩んでしまいます。

    > 私も母が・・・プチ介護に行ったのですが
    何度も里帰りされているときのことでしょうか?
    ぞをサンも、オツカレサマでした!

    > 過去の私が酷すぎるために、なにをしても 喜ばれて恥ずかしかったですよ…
    いやぁこれは・・・。
    ・・・。
    ・・・。
    これ、最初読んだときに軽く否定して、
    その後、「やはりワタシも・・・過去のワタシが酷すぎたゆえに、何をしても喜ばれたのかもなぁ」
    ・・・と思いました。
    よーく考えてみれば、
    親元を離れるまで(高校卒業まで)私の部屋はエライ汚かったし、
    洗濯も親にやってもらってたし、・・全然自分のことも出来てない、
    ましてや親に何かしてあげたことなんて・・・中学時代までの「母の日」の贈り物くらいだったかも・・・。
    (高校時代は自分のことだけに忙しく、母の日はスルーしてまして。ああ、なんて親不孝な!)

    社会人になってしばらくしてから、親のありがたみに気づき、
    それから「自分の給料で何か買ってあげる」ということはあっても、
    親に何かしてあげるなんて、なかったなぁ・・・。

    ・・・。
    ・・・。
    まあ、バーチャンになりつつある親に、これから
    今までの感謝をこめて何かすること、これからいぱいあるだろう・・・。
    する時間はたくさんあるだろう、と思いながら、
    今回のところは、これくらいで勘弁していただきたいな、なんて思っています(苦笑。

    コメントありがとうございました♪

  3. みほ | URL | z2AJRhhc

    あーちゃんの笑顔最高!

    こういう時、孫を産んでよかったと思いますよね。
    あーちゃんの笑顔は、みつきさんが言うように、一番の
    元気をあげれたんじゃないかなと思います。

    お母さん、きっとみつきさんが洗濯掃除をしてる背中を
    見て、とても感激されたんじゃないかな。
    もう、一人前の大人なのに、こんなに大きくなったんだなんて
    改めて思うんじゃないかな。
    私、まあやがそんなのするの、まだ想像できない。笑

  4. ひまわり | URL | 8XEONt72

    みつきさん。いろいろ気が利く人ですね^^
    のんびりバラを鑑賞しに出かけている私、
    一人勝手に心苦しいワ。

    “あーちゃんの笑顔や言葉”は、みつきさんのする
    どんなコトよりも素敵なお見舞いになっちゃってるかも
    ですね。子供はイイネ!
    それにしてもみつきさんもタイヘンでしたね。
    本当にお疲れ様です。

    お見舞いにも行ったことあるし、入院も何度もしてるんだけど、
    なかなかいい物が思いつきませーん。
    だけど品物より、その場での会話やみつきさんがして差し上げた
    お洗濯やお掃除なんかはとても温かい気持ちが伝わって、いい
    お見舞いだと思いました♪^^

    造花、めっちゃ素敵だよぉ~ん^^v

  5. まりぃ | URL | 5CQAUZ26

    お義母さま、退院できてよかったですね。
    お実母さまも手術が成功して、順調に回復されているようでなによりです。
    お見舞いの際、モノでもお金でも身の回りのお世話でも、
    何をしようか考えたり、準備したり、そういうあたたかな気持ちが
    きっとおふたりに伝わったことだろうと思います。
    そういう気持ちもぜんぶひっくるめて、嬉しかったんじゃないかなー^^
    +孫の笑顔は100%喜ばれるでしょうしね♪

  6. 毛糸のパンダ | URL | -

    二人のお母さまは、こんなにやさしい娘さん、お孫さんに囲まれどんなに心強いことか。幸せですね。
    私が入院したとき、いただいたもので一番うれしかったのは、お見舞いの方の笑顔と心温まる言葉です。そばにいてくださるだけで、じゅうぶん、ありがとうって何度思ったことか・・・。

  7. みほサン←みつき | URL | -

    こんにちは!コメントありがとうございます♪

    >こういう時、孫を産んでよかったと思いますよね。
    思います思います!!(強く同意!笑
    ワタシはなかなか子ども産めなかったんで、
    結構いつも「あぁ、1人でも産めて良かった・・・!」と思うこと多いんですが、
    こういうときは、さらに思いますね、「ババと孫はmホント仲良しだなぁ・・・・」って!(笑。
    あーちゃんが笑ってお喋りしているだけで、2人の母は癒されたみたいです。

    >私、まあやがそんなのするの、まだ想像できない。笑
    ああ!確かに、あーちゃんがそんなことするの、ワタシも全く想像できないです!!!
    風呂上がり「もう寒いんだから早く服着てー!」って言ってるのに
    嫌がって、笑ってスッポンポンの体から湯気たてながら逃げ回っているチビコドモが、
    いったいいつ掃除洗濯できるようになるのか・・・?・・・って言うか、
    いつか、ホントにイッチョ前の大人になるのか???

    ・・・そうですよねー、母にとっては、ワタシはいつまでも「娘」、なんですものね。

    コメントありがとうございました♪

  8. ひまわりサン←みつき | URL | -

    こんにちは!コメントありがとうございます♪

    最初は2人の母の入院はかなりズレている筈だったのですが、
    思ったより日程が遅くなったほうと、思った以上に早まったほう・・・
    気づけば、同時期に入院となってしまって、ワタシはチト慌てました。
    (オットもちょっとぐったり気味です・・・)

    今年の秋は、いろいろ楽しみたいことがあったのですが、まぁそれは、
    来年以降の楽しみにとっておこうと思います。

    >“あーちゃんの笑顔や言葉”は、みつきさんのする
    >どんなコトよりも素敵なお見舞いになっちゃってるかもですね。子供はイイネ!
    病院は楽しいところではないし、あーちゃんはホントのところは退屈だったと思うんだけど、
    ゴネずについてきてくれました(30分もいると飽きて騒ぎだしましたけどね・・・)
    小さい子どもながらに、「ばーちゃんの具合が悪い」って、雰囲気でわかるのかな?と思ったり。
    子どもなりに、入院中のばーちゃんに丁寧に接している姿が、ワタシには嬉しかったです。


    コメントありがとうございました♪



  9. まりぃサン←みつき | URL | -

    こんにちは!コメントありがとうございます♪

    >+孫の笑顔は100%喜ばれるでしょうしね♪
    2人の母共、やはり「あーちゃん」がこまっしゃくれて言う言葉や
    いろんなオミヤゲに笑顔になってました。
    母も退院したとはいえ、まだ本調子ではないし・・・
    少しづつ、元気になってくれたらイイナ。と思っています。



    コメントありがとうございました♪

  10. 毛糸のパンダさん←みつき | URL | -

    こんにちは!コメントわざわざありがとうございます♪

    >お見舞いの方の笑顔と心温まる言葉です。
    ワタシは・・・
    実は入院中、・・・若い頃は、あまり見舞いにこられるのが嬉しいタイプじゃなかったのですが(苦笑、
    (変な病気じゃないですが!(笑)。・・・なんか、1人でゆっくりしたかったんですよね・・・)

    でもこれは若い頃のことだし、
    実母や義母の年代になると、やはり、お見舞いに行く、というのが一番なのでしょうね。
    (自分のことがあるのでm少し見舞いは考えてしまうのですが。
     ・・・でもある年代から、誰も見舞いに来てくれないのは、とてもサミシイことかな。
     なんて思ったりしました)

    (もうスグ)4歳の娘は、90%悪魔なんですが、9%くらいはオリコウさんで、
    残り1%、とーーーきどき、ホントにたまに、天使になったりします。
    病院であーちゃん、とてもオリコウで天使で、母のワタシとしては嬉しく、助かりました。
    ・・・・すでにあの時の面影はなく、
    今はほぼ悪魔(今は昼寝中なので、寝顔だけは素敵に天使です♪笑)ですけどね(笑。



    コメントありがとうございました♪



    毛糸のパンダさん←みつき

    こんにちは!コメントわざわざありがとうございます♪

    >お見舞いの方の笑顔と心温まる言葉です。

    ワタシは・・・

    実は入院中、あまり見舞いにこられるのが嬉しいタイプじゃなかったのですが(苦笑、

    (変な病気じゃないですが!・・・なんか、1人でゆっくりしたかったんですよね・・・)

    でもこれは若い頃のことだし、

    実母や義母の年代になると、やはり、お見舞いに行く、というのが一番なのでしょう。

    (自分のことがあるのでm少し見舞いは考えてしまうのですが。

     ・・・でもある年代から、誰も見舞いに来てくれないのは、とてもサミシイことかな。なんて思ったりしました)



    (もうスグ)4歳の娘は、90%悪魔なんですが、9%くらいはオリコウさんで、

    残り1%、とーーーきどき、ホントにたまに、天使になったりします。

    病院であーちゃん、とてもオリコウで天使で、母のワタシとしては嬉しく、助かりました。

    ・・・・すでにあの時の面影はなく、今はほぼ悪魔(今は昼寝中なので、寝顔だけは素敵に天使です♪笑)ですけどね(笑。



    コメントありがとうございました♪















コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。