スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なでなでなで。

2009年03月10日

娘も私も風邪ダウンしていたときは夫が世話してくれていましたが、元気になってからは、ちゃんと私が世話しました(笑)。
(他の花も、今日の温かさで蕾が一気にふくらんだり、花が開きそうだったり。
 しばらく毎日楽しく花を眺められそう♪)



お花も一生懸命咲いてるから、やさしくしてあげてね♪ と言うと、
(以前、キレイに咲いている花を、ぶちっと取ってしまったことがあるので)

娘は 人差し指1本で、やさしくナデナデしながら「いい子ね」としていました。ぷ。





そのあと、黙りこくってしまった娘にむかって、お花、きれいだね。というと
「はっぱはー?」と 何度もたどたどしく聞いてくるので、

うん、お花も一生懸命、はっぱも一生懸命生きてるから、どっちも素敵だね。
はっぱにも、やさしくしてね。
と答えました。




・・・・。
黙っていたのは、娘なりに何か考えていたからなのかしら・・・・?




・・・。
・・・お花がキレイ。とか、一生懸命、いうのも、娘はよくわからないのかもしれないし、
・・・それ以前に、
お花だけ「一生懸命だからやさしくしてね。」って言い方はおかしかったかな?
葉っぱだって、むやみにブチっとしてほしくないしなあ・・・。
などと考えたり。

(別に花だけ愛でているつもりではないのだけれど、
 何となく、自分の心を見つめ直す機会になったりします・・・)


でも。
花を愛でる気持ち、植物を愛でる気持ち。
生き物を大切にする気持ち。
・・・なんとなくでも
心の片隅で育ちはじめてくれたら。なんて思っているのです。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。