スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えれんな ごっそ

2012年02月02日

■突然 思い立って出かけてきたのでお弁当の用意をしておらず・・・。■
記事にしようか迷いましたが、記事にすることにしました。有名なお店ですね。ちなみにパンフレットやHPに載ってる写真の料理よりはおちます。味は美味しいよo<br />


お昼は「蕎麦が食べたい」というオットを説き伏せて、ここで食べました。


えれんな ごっそ
ビュッフェレストランです。
「小田原・箱根の「いろんなごちそう」を楽しんでいただく」と、パンフレットに書いてありました。


■小さい写真はクリックすると大きくなります。■
地場産にこだわっています。・・・・このご時世、・・・凶になるか・・・、吉となるのか。
(また、写真にカーソルを合わせるとメッセージが出ますので、そちらもゼヒご覧くださいね。)


地産地消を歌うだけあって、小田原産のお米を使っています。










■・・・もう少し見栄えよく盛り付けして、見栄え良く写真撮れば良かった・・・■
これは私のプレート。かまぼこ多し、です(笑。モンブランのミニパフェは、あーちゃんに取られました。

酒粕を使って作ったというパン、ブリ大根、鶏からあげ、海鮮焼き♪そしてかまぼこ、美味しかったです♪
(そして改めて、かまぼこにつけるわさび漬け=重要だと思いました。やっぱわさび漬けつけるとカマボコウマいわー♪)

ちなみに、もちろんこれだけじゃ お腹は満たされませんので、オカワリしてますよン♪









あーちゃんは具なし(娘の好みではないので具をよけた。私は食べましたが美味しかったです♪)シーフードカレーを食べ
(これも、ムッチャ美味しかったです♪観光地のビュッフェレストランにしては水準高いと思います)、




その後は、ひーたすらデザートを食べてました。

■デザート食べ放題を初体験の5歳児、夢のように楽しいヒトトキを過ごしたようです(笑)■
あーちゃん2皿目のデザートビュッフェ(笑。「甘いモノは別腹」の、別腹が無限大?(笑)。脅威の5歳児です。(その後、別にお腹こわしませんでした)。
(最初は羨ましく感じた、横に広がるだけのアラフォーママ=私、あまりにがっつく娘を観て
 あとでお腹痛くならないかと、本気で心配したほどです・・・。)




天井高く、隣の席とも離れていてスペースあります。ちょっとくらい5歳児が羽目はずしても大丈夫です。別のフロアに、キッズコーナーのあるテーブル席フロアがあります。 窓辺のカウンター席。
>



子連れであまりこじゃれた店で外食しない私(私はラーメンや蕎麦を外食すること多し)が、
店内にいて安心する・・・というのは、
つまり店としてトンガッタところがない。ということ。だと思います。
(あんまり最先端なオサレ系な店だと恐縮しちゃう・・・)
解放感があって、ゆったりしていて、5歳の子連れでも平気。
観光地にあって、一定以上の美味しいバイキングを食べさせてくれるお店。って、ありそうでナイので
とても嬉しい店でした。

また行きたいです♪








えれんな ごっそ → 


ランチ 大人1890円 小学生以下 945円(4歳未満は無料)
    11:00~16:30 (制限時間80分)

(ディナーや箱根ビール飲み放題は料金が変わります。詳しくはHPをご覧ください。)






人気ブログランキングへ
ここはキッズコーナーのあるフロア。
小さいスペースだけど、「キッズコーナーがある」というのが、小さい子連れには、安心材料になりますね。
畳2畳分くらい?特に何もないキッズコーナー。歩きまわりたい年代の1~2歳児連れなら、ママパパ交代でここに子供を放牧させてもいいかもね。・・・5歳児あーちゃんは「何にもないキッズコーナーじゃん!」と、興味を示しませんでした。


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. みつきより | URL | -

    コメントありがとうございます。

    こんにちは。

    サイドバー「一読ください」にありますように、私は
    明らかな誹謗中傷があった場合、そのコメントは削除することにしています。


    あなたのコメントの意図がわからない・・・スイマセン、本当にわかりません・・・ので、
    とりあえずコピペして鍵コメにしました。
    (あなたに、無視しているわけではないですよ)という意味のメッセージを込めて。

    メールアドレスをいただければ、コメントのお返事はそちらにしたいと思います。
    ここに書くことがあるとすれば、

    道は、自分の気持ちや家庭環境、経済的状況で変わってくること。
    正しさは、1つではないんじゃないかと思っていること。です。


    別に誰もあなたを責めてませんし、私もあなたに責められるおぼえはありません。
    その上で、私とメールのやりとりをしてくださるというのであれば、
    今度はメールフォームから連絡をください。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。