スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウチのお猫さまが、一番。

2015年10月27日

母のアイドル・タロ。サバトラでカワイイ♪・・・・ケド、やっぱり見た目はともかく、中身は自分チの愛猫が、一番カワイイと思うのです。・・・母も、98歳になるバーチャンも元気でした。良かった良かった。

「シャー!」な威嚇、3秒前。






「これ以上コッチきたら許さん!」な表情のタロ(12歳)=母の愛猫。
(猫って表情筋ないけど、表情豊かですよね?)

よろしければ拍手はコチラから。コメント(管理人のみ読めます)も送れるよ(コメントは書かなくてOK)<br />お時間のあるときは是非、拍手クリックお願いします。更新の励みになります。 なぞ、よろしくお願いします。 

早朝。
母が「今ならタロが押入れで寝てるよ」というので
カメラを持ってぬき足さしあし・・・と近づいたんですが、あえなく気付かれ、タロ逃亡。
「でも逃がさん!」と、ジリジリと窓まで追い詰めて撮った写真です。

「目は口ほどにモノを言う」ところまでいっているかわかりませが、タロ、怒ってってます(涙。
ああ、そのムッチリした愛らしい肢体を、モフモフさせて欲しいなぁ・・・。


どんどん緊迫した雰囲気に(苦笑)。この辺で母から「タロ、もうお散歩いこうか~?」と声がかり、「にゃーんにゃーん」と、タロは甘え声を出しておりました。


ちなみに母宅には他に「ジロ」「花」「ノラ(この名前、出生はわかるけど、どうかと思う。)」猫がいますが、
未だにその子たちの後姿しか見たことがありません・・・。
・・・お母さーん、あなたの愛猫たち、チョット人見知りが過ぎるわよ?!



やっぱり、お猫さまは我が家の子が一番。ですよね。


そして散歩に出かけてしまったタロは、ワタシが母宅にいる間帰ってきませんでした・・・。いや、いたのかもしれませんが(食事しに帰ってきたとか?)私の周囲には気配がありませんでした・・・。

でも。
帰宅してみれば、「なんで帰ってこなかったんだー!」「なんで他の猫のニオイすんだー!!
(母の愛猫には触ってなくても、母の家=猫のニオイって染みついちゃうんですよね・・・涙)
我が家のお猫さまは、スネてダッコさせてくれませんでした。くすん。







母も祖母も、元気でした。
帰り際、「また来いよ」と笑顔で手を振ってくれた98歳の祖母とは、あと何度会えるかな。

早くに夫を亡くし、3人の子どもを細腕で育てあげ。
土地を守り、都会から帰ってきた息子夫婦を笑顔で迎え入れ。
そして今、小さく柔らかく枯れゆく祖母は、ある意味ワタシの理想です。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。