スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

育てる。

2008年11月17日

玄関前に整然と並ぶ、たくさんの大根!!いろんな意味でビックリ!そして羨ましい!!・・・畑とか持ってて・・・・庭とか縁側とかにも、いろんな野菜が置いてあるのかな・・・?羨ましいなあ・・・。




玄関前に干してある、たくさんの大根。
自家菜園の野菜を漬物にするのかな・・・・・・羨ましい!!



(記事、長いよナガイよー・・・)


なんのCMだったかなあ・・・。


あっ、思い出した!
某・野菜個人宅配会社だ!!(・・・多分。)

自分たち家族で食べるものは自分たちで作ろうと
家で牛を飼ったり、稲を植えたりするの。
んで、確か女子高生の女の子が「なんでも自分たちで育てるのは大変だ!」って言って、
・・・「安全なわが社の商品を買いましょうっ♪ちゃんちゃん♪」

・・・という内容だった気がする。





このCMを見たときは、半分は納得したけど
半分は、鼻で「フっ!」とせせら笑う気分でした。
「この現代に、食べ物を全部、最初から自分で作るなんて!
日本は、それなりに食の安全が確保されているんだし・・・。」
なァんて思っていました。
・・・が!!
いつの頃からか・・・(あれ?まだ今年に入ってからかな?いろんなことがあったのって・・・?)
今じゃあ、何が安全な食べ物なのか、さっぱりわからないじゃないですか!?
現代の母は忙しいのに、
なんでも手作りしなくちゃいけないのっ???

・・・何だか今まで、「日本の食は安全」なんて謳い文句で、
騙されていた気がして悔しいです。
(騙されていたほうが悪いのかもしれませんが・・・・。汗)



そしてこのCMが流れていたころから幾年月。
私も母になりました。
やっぱり子供のことも チラッとは考えるお年頃。
スーパーで、暴れん坊の子供を見張りつつも いろいろチェックしたり・・・・。
いろいろ、食に関しては 格闘したりするわけです。








突然、話が変わりますが。
教育テレビの番組で以前、「♪トントン・トマトちゃん♪」
なる歌が流れてました。(題名は違うかもしれないけど・・・)
娘はこの歌が大好きで、よく歌ってました。(今も思い出したように、たまに歌います)


トマト!
イラストにしても、実物にしても、見た目は 可愛らしいですよね♪
・・・しかし、
実際は、
・・・トマトの味が嫌いらしく、一口食べて吐きだしたりしてました・・・(涙)。


それがね。
娘と歩く夏の道。
玄関前に(玄関前のゲートがないお宅なので、真近で見れる)、
ミニトマトを栽培しているお宅があって。
緑色の物体が段々赤くなっていく様子を
私たち母子2人は勝手に「♪トントン・トーマトちゃんっ♪」と、歌いながら
赤くなるように 応援していたとき。

家で娘は、トマトを(頑張って?)食べていたのです!!


ミニトマト。
緑色から赤く染まり、
人のお宅のミニトマトを欲しがる娘に
「これは他所のお家のだよー!あーちゃんのは、お家にあるよー!」
 (スーパーで買ったパックのが、冷蔵庫にね。笑) となだめ、
毎日通りすぎ。
(娘は旬のミニトマトを毎日1個だけだけど、頑張って?食べ。)

そのお宅のミニトマトは、鉢植えから消えました・・・。
「トマト、ない!!」と、鉢植えを指差し 大声で訴える娘に

うん、美味しくなったから、このお家の人が食べたんだねー。と話しかけることしきり。
・・・・。
・・・。
その後、
娘がミニトマトを食べることも、まったく なくなりました・・・(涙)。
(トントントーマトちゃんっ♪と歌うんだけど・・微妙な顔して出してしまいます・・・涙)





でも。
この、「人のお宅のミニトマト事件(笑)」があってから。
やっぱり、そうやって作物が育っていくところを見ると、食べたい!って思うんだな♪
(ある意味、旬のときだけ食べてくれれば、それでいいのかもしれない・・・
 秋には秋、冬には冬美味しい野菜があるんだもの・・・)

これが
「ママと一緒に育てた」とか
「アタチが(例え、たまにでも)水をあげた」とか、
ううん、
水やりなんて母がやるし、
(・・・できなかったらウチのマメな夫がやってくれるだろうし(笑) )
でも、コドモ自身が、毎日歌いながら愛でて
赤くなったところを
自分で もぎとって食べることができたとしたら。

きっと娘は、それが一番、嬉しいだろうし、
・・・これが巷で人気の食育ってやつになるのかしらね・・・。
なんて思うのです。

・・まあ、リンクさせていただいているゆうゆうさんのブログを
しょっちゅう見ていて、
羨ましく思っていたこともあるのですが(笑)。



ということで。

いつもとれたて!ベランダ菜園 (NHK趣味の園芸ガーデニング21)いつもとれたて!ベランダ菜園 (NHK趣味の園芸ガーデニング21)
(2006/04)
真木 文絵石倉 ヒロユキ

商品詳細を見る


こんな本を購入しちゃいましたよ!!
アマゾンをにらめっこ、一番初心者に良さげな本を選びました。
(読んでる方、もっとお勧めな本があったら教えてください!!)
古土の再生方法が書いてあったり、「苗が手に入るなら、苗から育てましょう」という言葉が
購入のきっかけです(笑)。

野菜を育て、家族みんなで食べる。
・・・もしかしたら、・・・・財布にも やさしいかもしれない???(笑)
(だってほら、お財布にも厳しいゴジセだからねえ・・・)

愛でて手塩にかけて、可愛がって、食べる。
・・・って、贅沢かもしれない?!
(だってうち、猫をかわいがってるけど、あいつ等食べられないからねえ。笑)
・・・・いや、別に猫を食べようとは思ってないけど・・・汗
なんて思ったりもします(笑)。



何だか楽しそうな「食べるため=煩悩を満たすため」の栽培。
(今の時点では、ミニトマトと、薬味(シソとか、小口ねぎとかね。笑)を栽培したいな。
なんて思ってます!。)

必ず来年、
その時期になったら決行しよう!!
・・・ということで、
カテゴリー「夢ノート」に、記事残しておきます。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。